本会について

 私たちは、2015年7月27日に、「安全保障関連法案の廃案を求める佛教大学教職員有志」として、「安全保障関連法案の廃案を求める声明」を公にしました。その後、この法案は「可決」されたことになりましたが、私たちは、その廃棄を求めて、活動を継続します。
 私たちは、この「有志」を、「安保関連法の廃棄を求める佛教大学有志の会」として再編すべく、まずこのウェブサイトを立ちあげました。
 この「会」を、佛教大学の教職員のみならず、大学院生・学部学生をも糾合した全学的組織と位置づけます。その活動内容は、以下の通りです。

1. 安保関連法に連動した政財界の動きや、憲法学上の問題などについて、院生・学生を交えて学習をすすめる。

2. 新たに有権者となる学生たちにたいして、立憲主義・民主主義・平和主義をひろく訴えかける。

3. 集会・講演会等を開催する。

4. 関連する学内外の集会・デモに参加する。

テスト投稿

「安全保障関連法の廃棄を求める佛教大学有志の会」のウェブサイトを立ちあげました。これからさまざまな情報を提供する予定です。